プロフィール

  • 公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン

    プロフィール

    公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウスは病気の子どもとそのご家族が利用できる滞在施設です。 ハウスの運営は地域のボランティアと皆さまの寄付と募金で成り立っています。

    http://www.dmhcj.or.jp/

2017年1月30日 (月)

「利用者さんにより快適にすごしていただきたい~とちぎハウス キッチンドアお披露目会~」

昨年9月で10周年を迎えたとちぎハウスhappy01
10周年という節目にご家族から要望の高かったキッチンのドア設置を計画し、「スマイル10募金」キャンペーンを立ち上げました。本当にたくさんの方からご協力いただき、なんと集まった募金は191件2,945,195円heart01そして11月末に無事扉が設置されましたscissors

Img_4359
1月24日(火)に支援してくださった方々をお招きし、お披露目会を行いましたsign01

Img_4383
テープカットの後、くす玉割りnoteハウスはたくさんの笑顔と拍手に包まれましたpaper

Photo_3

Img_4385_5












支援者の方々からもご挨拶をいただきましたkaraoke病院の看護部副部長の大海さまからは「家族が困っているからドアを募金でつけよう、なんとかしよう!という発想が本当にハウスらしくて温かいですね」とお言葉をいただきましたconfident

Img_4370
当日は下野新聞社の方も取材に来てくださり翌日新聞に掲載されましたmemo


キッチンの開放部2ヵ所に取り付けられた引き戸式の扉note業者の方が何回もハウスに足を運んで打ち合わせをしてくれたおかげで、色合いも周りの壁にマッチしていて、まるで初めからついていたかのような素敵な仕上がりになりましたhappy01

Img_6033_2
滞在されたご家族からも「レンジの音も部屋に聞こえなくなり、益々快適なハウスになりました」と感謝の言葉をいただいていますhappy01

更に少しの暖房で暖かくなるので、ハウスの光熱費も削減できそうですnotes

寒い冬ですが、ドアを見るたびにご支援くださった方々の想いが伝わり、温かい気持ちになりますheart01
「スマイル10募金」にご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございましたsign03


とちぎハウス ハウスマネージャー 斎藤

2017年1月 4日 (水)

「温かい支援の広がり」

年末に4回目となる、とちぎハウスのオープンハウスを開催しましたhappy01

01
260名の来場者があり、募金も31万円も集まりましたsign03

チャリティバザーでは協賛企業のドレッシングやジュース、募金箱設置店のおせんべい、おまんじゅう、ボランティアさんの手作り品など盛りだくさんhappy01野菜も大好評でしたnote

02
ドナルドショーやコンサートも大盛り上がりup

04_2

05_2







ビンゴ大会では支援企業からご提供いただいた有名リゾート施設のペアチケット、パンデパルクの商品券など120点の賞品を楽しみに沢山の方が募金していただきましたheart01中には午前と午後と2回参加されたご家族もhappy01

石窯焼きピザグループのピザも美味しく、チャリティマッサージコーナーでは「気持ちいい~癒される」と評判でしたsign01心臓病の子どもを守る会のメンバーと病院の先生が一緒にコーヒーコーナーを盛り上げてくれましたup今年初めて参加してくださった鹿沼の中篠こんにゃく店さんの味噌おでんも絶品でしたhappy01

08

07




 

06

03









協力いただきました支援企業さま、ボランティアさん、ご来場戴きました皆さま本当にありがとうございましたhappy01
今年のオープンハウスもよろしくお願いいたしますsign03


とちぎハウス ハウスマネージャー 斎藤

2016年12月15日 (木)

「ドナルド・マクドナルド・ハウス 3ハウス合同アニバーサリー合同ラッフル結果発表!」

せたがやハウス15周年、とちぎハウス10周年、東大ハウス5周年を記念して「アニバーサリーラッフル2016」を行いましたpresent

本日抽選会を行い、当選番号が決定しましたscissors厳選な抽選を行う為にパソコンを使用し、エクセルのランダム関数を使って行いましたpc

Photo
shine目玉賞品当選番号shine
presentクオカード1万円分present
当選番号: 2066

presentクオカード5千円分present
当選番号: 6003、
4437、8838

presentTDLペアチケットpresent
当選番号:
1181

present玉露present
当選番号: 
824、3087

presentダイソンコードレスクリーナーpresent
当選番号: 1009

present有名野球選手サイン入りTシャツpresent
当選番号: 2633

presentライオンズ中村選手サイン入りレオぬいぐるみpresent
当選番号: 462、1833、4056、
5190、8150

present英会話無料レッスンチケットpresent
当選番号: 1061

presentJCBギフトカード6千円present
当選番号: 4088

presentJCBギフトカード7千円present
当選番号: 5630

present飛騨牛ギフトpresent
当選番号: 5450

presentDVDプレーヤー(大)ブルーレイ対応present
当選番号: 3144

それ以外の当選番号は下記よりダウンロードしてくださいpc
2016アニバーサリー合同ラッフ当選番号一覧t.pdfをダウンロード

景品をご提供いただいた多くの企業、個人の方々にこの場をお借りして改めて御礼申し上げますconfident

そして当選された皆さんおめでとうございますsign03各ハウスとラッフル募金受付にご協力いただいた企業様へ賞品の郵送するのに少しお時間をいただきますので、事前に各ハウスまたは企業様窓口の方にご連絡をいただき、賞品が届いていることを確認の上、取りにいらしてください。

≪ハウス連絡先≫
せたがやハウス telephone03-5494-5534  とちぎハウス telephone0285-58-7551
東大ハウス telephone03-3812-9877


ドナルド・マクドナルド・ハウスを支える会 

2016年12月 8日 (木)

「とちぎハウスに行ってみよう!」

とちぎハウスはおかげ様で今年で10周年ですhappy01
全国から3600組の病気の子どもとその家族がご利用されました。
これも沢山のボランティアさんと地元の皆さんご支援のおかげですconfident

普段はハウス外で募金や告知活動を行っていますが、1年に1回ハウスを開放して中を見ていただきながら、楽しいイベントを行っていますhouse

Photo<昨年のオープンハウスの様子>

今年は12月10日(土)に行いますのでぜひ皆さん、来てくださいhappy01
お洋服や支援企業のチャリティバザー、ドナルドショー&チャリティビンゴ、リレーコンサート、石窯焼きピザや味噌おでん、クッキー&コーヒーコーナーなどイベント盛りだくさんscissors
詳細はこちらをご覧ください↓
2016オープンハウスチラシ.pdfをダウンロード


とちぎハウス ハウスマネージャー 斎藤

2016年11月18日 (金)

「素敵な光のプレゼント☆」

宇都宮市の「ステンドグラス工房 安達」の先生と生徒の皆さんから素敵なステンドグラスのプレゼントが届きましたshine

Photo_6
40名の方が20センチ角の作品を2年間かけて作成し、今回とちぎハウスに贈呈してくれましたpresent今回のテーマは乗り物で、皆さんが飛行機やヨット、宇宙船など様々なものを作ってくださり、貼り合わせて一つの大きなパネルにしてくれましたhappy01

Photo_7

Photo_8

Photo_9









贈呈の時には生徒さん7名と安達先生、木枠を作ってくださった工務店の方が贈呈に来てくれましたheart01

Photo_10
生徒さんの中でハウスを知っている方がいて、今回の贈呈につながったそうでです。
このようなご縁を大変嬉しく感じましたconfident


とちぎハウス ハウスマネージャー 斎藤

「美味しい宇都宮餃子と募金活動」

11月5日(土)11月6日(日)は、宇都宮市の城址公園にて、年に一度の餃子ファン感謝デー「宇都宮餃子祭り」note3個100円で色々なお店の餃子が食べられる大変人気のイベントですscissors

Photo
今年も、とちぎハウスは募金活動で参加させていただきましたhappy01 2日間でチャリティー魚釣りゲームやチャリティーソックス募金などで合計90,166円の募金が集まりましたheart01

Photo_3
中には何回も挑戦するお子さんもいて、餃子を食べたり、ハウスのゲームで遊んだり来場のお客さまには楽しい2日間を過ごしていただきましたhappy01

Photo_4
今回も餃子会さまから場所のご提供や焼きたて美味しい餃子をハウスのボランティアさんに振る舞っていただきましたhappy01
餃子会の皆さま、募金いただいた皆さま本当にありがとうございましたheart01

また、来年の秋も餃子祭りで会いましょうsign03


とちぎハウス アシスタントマネージャー 金澤

2016年11月16日 (水)

「ドナルド・マクドナルド・ハウス 3ハウス合同アニバーサリーラッフル開催中!」

皆さまのお陰で今年、日本で最初のハウス、せたがやハウスが出来て15周年、そしてとちぎハウスが10周年、東大ハウスが5周年を迎える事が出来ましたhappy01それを記念して3ハウス合同でアニバーサリーラッフルを開催中ですsign03

『ラッフルって?』
慈善くじ引きの事です。募金のお礼に抽選券をお渡しし、協賛企業の景品が当たるかもsign02というイベントです。いただいた募金は病気の子どもとそのご家族を支えるハウス運営の為に使わせていただきますheart01

『参加するには?』
①100円以上の募金で1枚のラッフル券をお渡しします。
② 12月14日にとちぎハウスで公開抽選会を行います。
③ 結果は12月15日(木)ドナルド・マクドナルド・ハウスのブログに掲示します。
http://dmhcj.lekumo.biz/blog/
④ 当選者に景品が贈られます。2017年1月13日までに交換してください。
※個別に当選のご連絡はいたしません。

『豪華景品が当たる!』
ディズニーリゾートペアチケット、ダイソンコードレスクリーナー、埼玉西武ライオンズ中村選手サイン色紙やレオぬいぐるみ、有名力士サイン入り色紙やバスタオル、クオカード、図書カード、デパート商品券他金券各種、ビール券、お米ギフト券、飛騨牛ギフト(約700g)、英会話無料レッスンチケット(3万円相当)、などほか多数sign03

Ani_01

Get_pic









Cimg0754

Cimg0757













■景品提供にご協力いただいた皆さま■
株式会社Dダイニング、日本コカ・コーラ株式会社、プロクター&ギャンブル(P&G)株式会社、 ダイソン株式会社、日本マクドナルド株式会社、ディーンモルガン株式会社、ワタキューセイモア株式会社、 マナトレーディング株式会社、明治安田生命保険相互会社、ほか個人の方多数

■詳細はこちらよりダウンロードできます■
2016アニバーサリーラッフル.pdfをダウンロード

主催:ドナルド・マクドナルド・ハウスを支える会 
お問い合わせ:せたがやハウス 03-5494-5534 とちぎハウス 0285-58-7551
東大ハウス 03-3812-9877

興味のある方は是非各ハウスにお問合せくださいhappy01詳しい参加方法をお知らせいたしますsign01
皆さまのご参加をお待ちしておりますsign03


ドナルド・マクドナルド・ハウスを支える会 

2016年11月11日 (金)

「マレーシアからのお客様♪」

医療従事者を中心としたJICAマレーシア青年研修員、総勢15名の皆さんが自治医科大学こども医療センターととちぎハウスの見学に来られましたhappy01

センター長の山形先生ご挨拶と、副センター長の河田先生の説明を受けた後、2グループに分かれての施設見学eye

11
とちぎハウスでは、ツアーボランティアさんがお揃いの黄色いエプロンでお出迎え、利用者のお部屋や共有スペース等ご案内しながら、ハウスの説明しましたhappy01其々のグループには通訳がいましたが、河田先生も同行してくださり英語で説明のフォローをしてくださいましたscissors

1
皆さん、とても熱心に見学され、見学後のコーヒーブレイクでさらに親睦が深まりましたconfident

12r_2
とちぎハウスへのご理解が世界に広まると嬉しいですsign03



とちぎハウス アシスタントマネージャー 佐藤

2016年10月 7日 (金)

「総勢30名でボランティア♪」

9月20日(火)に栃木県理容生活衛生同業組合の青年部の皆さんがボランティア活動に来てくださいましたsign0310名の予定でしたが、見学の方も含めて、総勢30名近くもhappy01

Photo
エアコンのフィルター掃除や、玄関、キッチン、ランドリー室のワックスがけを行っていただきましたscissors古澤リーダーをはじめ、皆さん本当に手際がよく、あっという間にハウスの中はピカピカですshine

Photo_2
ハウスの説明DVDを観て、皆さんハウスの活動に大変共感してくださり、「次回も来ますよ、また、きれいにワックスがけしますね」と心強い言葉をいただきましたhappy01

Photo_3
どうもありがとうございましたheart01これからもよろしくお願いしますsign01


とちぎハウス アシスタントマネージャー 松本

「ありがとう10年、そして次の10年へ~とちぎハウス10周年記念会~」

2006年に自治医大とちぎ子ども医療センターと一緒にオープンしたドナルド・マクドナルド・ハウス とちぎは今年で10周年を迎えましたhappy017月末までにとちぎハウスを利用したご家族はなんと3523組sign01これも日頃から活動してくださるボランティアさんやご支援をいただいている団体、個人、企業の皆さまのおかげですconfident

先月9月18日(日)に普段お世話になっているボランティアさん、支援者の方々、病院の関係者、地域の住民の方をお招きして感謝の会を開催しましたheart01

Photo_6
普段ハウスを直接支えてくださるボランティアさんへの感謝状贈呈式では、10年継続者32名に感謝状が自治医科大学理事長名で授与されましたshine

Photo_8
代表で10年継続の原口さんから「今では自分にとっても第二のわが家になっています。ある日ハウスで食事を作っていたら、帰ってきた利用者の方にありがとうございますと手を合わせてお礼を言われ、とっても感動しました。このことを家族に話したら何よりのご褒美だねと言ってくれたのも、忘れられない出来事でハウスで活動する原動力になっています。
これからも初心を忘れず、ハウスの理念を理解し活動していきたいと思っています。また一緒に活動してくださる方を増やしていくことも大切な役割ではないかと改めて思っています。」とのご挨拶をいただきましたconfident

2
とちぎ子ども医療センターの山形センター長からもボランティアさん一人一人に感謝状をいただき、「ありがとうございます、これからもよろしくお願いします」と温かいお言葉をかけていただきましたconfident一緒に朝野看護部長からは5年の方にはシルバーのバッジ、10年の方にはゴールドのバッジが授与されましたshineまたハウスを周りから支えていただいている企業や、個人の方、地域の皆様にもセンター長から感謝状を渡していただきましたshine

2_2
ハウスは施設があればいいだけではありません。そこには沢山の支えてくださっている「思い」が必要です。支援企業を代表されて、㈱オカダの岡田取締役社長から「サポートしていることで、沢山の家族が助かっています。それがうれしいです。」とのお言葉をいただきました。

当日の様子は地元の下野新聞に掲載していただきましたsign01

10年間分の「ありがとう」はまだまだ言い足りませんが、ハウスを利用する家族がいる限り、これからも皆さまの支援の思いをハウスは形にして届けていけたらと思いますhappy01


とちぎハウス ハウスマネージャー 斎藤

最近のトラックバック