プロフィール

  • 公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン

    プロフィール

    公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウスは病気の子どもとそのご家族が利用できる滞在施設です。 ハウスの運営は地域のボランティアと皆さまの寄付と募金で成り立っています。

    http://www.dmhcj.or.jp/

2017年2月27日 (月)

「今年もみんな揃ってもちつき大会!」

2月17日(金)、恒例行事となりました「JA仙台もちつき大会inせんだいハウス」が開催されましたhappy01
今年もJA仙台のみなさまが、管内で栽培・収穫した平成28年産米300キロを寄贈してくださいましたriceball
数種類の新鮮なお米を毎年ありがとうございますsign01

P6400962
JA仙台の職員の方々とハウスボランティアのみなさんが会場の準備をすすめる片隅で甘~いわたがし製造機も登場catface

P6400985_2

P6410224







イベントの始めにお米の贈呈式があり、その後にもちつきがスタートgood

P6410023_2
今年もハウス親善大使ドナルドと、仙台・宮城観光PRキャラクターむすび丸が応援にきてくれましたrock
ふたりの絶妙な掛け合いに、参加ご家族も思わず笑顔にhappy01

P6410177
職員の方の丁寧な下ごしらえの後、小さなお子さんも杵つきを体験しましたscissors
周りの掛け声に合わせて上手にぺったんぺったんできましたね~notes

P6410097

P6410103







つきたてのお餅は少しずつ分けて、あんこ、ごま、きな粉をまぶしたり、のりで巻いたりしました。

P6410142_2

P6410188



 

 

やわらかくておいしいお餅、みんなでたくさん食べましたdeliciousごちそうさまでしたsign03

P6410283_2

P6410284_2

 










せんだいハウス  アシスタントマネージャー 遠藤

2017年2月10日 (金)

「楽天イーグルス選手と一緒に絵馬に願いを」

今年もせんだいハウスに、病気の子ども達を応援するためにやってきましたsign03
まさにキャンプイン直前の東北楽天ゴールデンイーグルス枡田慎太郎選手&西田哲郎選手ですbaseball

せんだいハウスの利用者さんと一緒に今年、頑張りたいことを色紙に書きましたpencil

Photo_3
「もう一度、日本一!そしてゴールデングラブ」by枡田選手
「東北の人、ファンの人、みんな笑顔に!“優勝”」by西田選手
ハウス利用の子ども達は
「手術にむけて、リハビリがんばる」
「頑張って大きくなって、笑顔いっぱいの女の子になる」
「勉強をがんばる」
などなど。やる気に満ち溢れた色紙がたくさん集まり、慎太郎選手と西田選手が、一人一人にコメントとイーグルスキッズのシールを貼ってくれましたhappy01

Photo_2
それをボランティアさん制作の「ハウス特製酉年絵馬」に貼り完成ですscissors

Photo_4

Photo_5
お楽しみの時間では、慎太郎選手と西田選手がストラックアウトに挑戦しプロのコントロールを披露sign03
そのあとは、ひとりずつとふわふわのボールでキャッチボールをして楽しみましたbaseball

Photo_6
野球のスポーツ少年団、黒松フレンズのみんなもお手伝いに来てくれましたhappy01

04
とっても優しくて力持ちの慎太郎選手、気さくな爽やかイケメンの西田選手、これからもずっとハウスを応援してくださいねsign03お二人の活躍を楽しみに、私たちもがんばりますrock

また来年お待ちしておりますsign01よろしくお願いしますsign03


せんだいハウス アシスタントマネージャー 齋藤

2016年12月22日 (木)

「Wのケーキでクリスマス会♪」

12/10(土)、せんだいハウスで早めのクリスマス会が行われましたhappy01

まずは、クリスマス会でふるまうケーキの準備ですsign01今年はボランティアさんと子どもたちと「すしケーキ」作りに挑戦rock教えてくれたのは昨年に引き続き、国分町のすし処「勇駒」の親方ですgoodプロのこつを学べるとあってボランティアさんたちも楽しみにしていましたhappy01親方持参の大きな飯台で三升のご飯を豪快に混ぜすしケーキの土台があっという間に出来あがり。次に、アボカド、海老、いり玉子とクリスマスらしい彩りの具材を盛りつけていきます。子どもたちも盛りつけに挑戦note最後にマヨネーズで飾りつけせんだいハウスオリジナルのすしケーキが完成しましたhappy01みんなで作ったすしケーキと、東北フジパン仙台工場さんよりいただいた苺のクリスマスケーキ、Wのケーキでクリスマスのテーブルが整いましたscissors

P4290138_2

P4290269







P4290320

P4290411










さあ、いよいよクリスマス会のスタートですheart04
オープニングは、仙台クルーナーズからのクリスマスソングのプレゼントですnote毎年恒例となった歌声がハウスに響きわたると、「今年もクリスマスがやってきた!」という気分になりますxmas今年は親子サンタも来てくれましたよsign01メンバーと一緒に歌ったり踊ったり、楽しい時間を過ごしました。さらにRutoさんによるギターの弾き語りもあり、会場はあったかな雰囲気に包まれましたcatface

Pc103249

P4290503_2







最後はお楽しみのビンゴゲームですscissors野球選手のサインやぬいぐるみなどの景品がプレゼントされるとあって、みんなカードに注目しビンゴを待ちます。「ビンゴ!」の掛けごえがあがるたびに、会場はおおいに盛り上がりましたhappy01

P4290538
外は雪がちらつく寒い日でしたが、ハウスの中は笑顔あふれるあったかなクリスマス会となりましたsnowheart02

ハウスのクリスマス会に協賛いただいた企業の皆さん、そして美味しいすしケーキを伝授してくれた勇駒の親方、ありがとうございましたhappy01


せんだいハウス アシスタントマネージャー 小松

「銀次選手が病気の子ども達のために!」

東北楽天ゴールデンイーグルスの銀次選手が今年もハウスに来てくれましたhappy01今回で4回目ですsign03銀次選手が来ることで、病気の子ども達とそのご家族が笑顔になり、病気と闘うパワーになっていますrock

Pc080050


今年は、銀次選手と一緒に、クリスマスツリーに「病気が早くよくなりますように」「つよくなりたい」「手術がうまくいきますように」「アンパンマンになりたい」「これからもげんきでいられますように」など、子ども達が願い事を書いて飾りましたnote

Pc133386
銀次選手は「皆に笑顔を届けられる野球ができますように!」と願い事を書いてツリーに飾りましたcatface

Pc133538

Img_5936_2







銀次選手は、病気の子ども達とそのご家族と触れ合いながら、サインや写真にも気さくに応じてくれ、「銀次選手と会えて、また病院でがんばれる!」と言っていたご家族もいましたhappy01

Pc133430

Pc133458

Pc133460








Pc133487

Pc133554

Pc133565



Pc133752_2







最後に、銀次選手が来てくれたお礼におとわちゃんから花束を渡しましたheart01おとわちゃんは銀次選手の大ファンで、弟が生まれた時に名前を「ぎんじ」にしてもらったくらいですhappy01

Pc133694_2

Pc133609_2







銀次選手のパワーで、病気の子ども達が笑顔になった1日でしたconfident

Pc133756
せんだいハウス ハウスマネージャー 中島

 

2016年10月12日 (水)

「イベントたくさん!オープンハウス開催」

10月2日(日)今年もせんだいハウスにて「オープンハウス」を開催しましたsign01
せんだいハウスのことを地域の皆さんにもっと知っていただきたくて毎年開催していますhappy01

20161002_13_03_09_2
たくさんのボランティアさんが力を合わせて準備をしましたrock
まずは恒例の中島マネージャーの挨拶に続いて円陣を組んでイベントスタートsign01

Pa028586
今年はよりお子さん連れの方にも楽しんでいただけるように、屋内外にてパターゴルフやゴム鉄砲の的当て、輪投げなどのゲームコーナーを充実させましたscissors野菜や雑貨のチャリティーフリーマーケットも開催happy01

21

22









23

24







また、ヒントを見ながら館内を回る「宝探し」もdollar参加者にはソックス型紙に赤く色塗りをしてもらいチャリティーイベントで使うスマイルソックスポスター作りにも協力いただきましたnote

3
エントランスでは、支援企業のご協力によるチャリティー販売と手作りグッズやスマイルソックスでの募金活動も行い、たくさんの方にに募金のご協力をいただきましたheart01ありがとうございましたsign03

13時からはダイニングルームエリアにて様々なプログラムがhappy01
まずは白木の積み木を使ってのワークショップscissors小さなお子さんから大人のかたまで、皆さん思い思いのカタチに積み上げてオリジナル作品を作っていましたsign01

41
中には自分の背丈より高いタワーを作った女の子もnote素晴らしいバランス感覚ですねsign01

42_3
続いて、ハウスの親善大使ドナルドのショータイムですshine

51
大好きなドナルドの登場に集まったお子さんたちは大喜びsign01おおいに盛り上がりましたhappy01

52
そしてドナルドも交えてのスポーツ選手のサイン入りグッズプレゼント抽選会を行った後、最後のワークショップはドラムサークルですsmile
参加者全員でフロア中央に輪になって、大小様々な形のアフリカ製ドラムをリズミカルに叩いたり、タンバリンやベルを鳴らしたりnotes

61_2

62







力強くも温かな音色がハウス内に広がり、皆さん笑顔でのフィナーレとなりましたhappy01

各イベント開催中図書室に設けられた、マッサージボランティアの皆さんによるチャリティーマッサージコーナーも盛況でしたscissorsアロマの良い香りの中でゆったりと行われるマッサージに訪れた方はリラックスできたようですconfident

7
内容盛りだくさんだったオープンハウスnote今年もたくさんの方にご来場いただき、ありがとうございましたsign01


せんだいハウス アシスタントマネージャー 遠藤

2016年9月28日 (水)

「みんな集まれ!オープンハウス」

10月2日(日)13時~16時、せんだいハウスでオープンハウスを開催しますhappy01
オープンハウスとは、地域の皆さまにハウスをもっと知っていただこうと、年に一度、開催していて、この日はどなたでもハウスに入って見学ができますeye

2_2
今回の目玉はスポーツ選手のサイン入りグッズが抽選で当たる「ラッキー抽選会sign01
来場者皆さんに番号札をお渡しし、抽選によりプレゼントがもらえるかもheart01

また、今回のオープンハウスでも、皆さんに参加型で楽しんでいただこうと、昨年好評だった、つみ木とドラムの二つのワークショップを行いますnote

エントランスでは、支援企業のご協力によるチャリティー販売やスマイルソックスでの募金活動も行いますhappy01もちろん、大人気、ハウスの親善大使ドナルドも登場しますscissors

図書室では昨年に引き続き、マッサージボランティアの皆さんがチャリティーマッサージを行ってくれますheart01あったかい手でほっこりしたひと時を過ごしくださいconfident

お天気にもよりますが、屋外ではチャリティーフリーマーケットも開催rock

この他にもわりばし鉄砲による的あてや輪投げ、ゴルフのパターといったキッズゲームコーナーや宝探しなど、子どもたちの笑顔いっぱいのオープンハウスですsign03

楽しいことがいっぱいのせんだいハウスへ、是非、ご来場くださいsign01
詳細はこちらのチラシをご覧ください⇒オープンハウスチラシ.pdfをダウンロード

<昨年のオープンハウスの様子>

Img_3645

Pa030364_2









Photo_2

Photo_3










せんだいハウスを支える会 

2016年9月13日 (火)

「東京マラソン2017チャリティ チャリティランナーのご紹介」

公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパンは、東京マラソン2017チャリティ事業の寄付先団体です。
現在、たくさんの方からサポートをいただいており、30,217,000円(9月8日現在)もの寄付が集まりました。本当にありがとうございます。

東京マラソン2017チャリティのチャリティランナーの一人であるせんだいハウス中島康志マネージャー。2003年のせんだいハウスオープン当初より多くのご家族をサポートしてきた思いと東京マラソン2017チャリティ参加の意気込みをご紹介いたします。

Img_5614
「東京マラソンチャリティに、いつかはエントリーする時が来るかもしれない。そう思って、ここ数年ハウスを運営してきました。せんだいハウスは今年の11月にオープン14年目に入ります。15年目の節目にとも思いましたが、年も重ねていけば体力的な問題もある!「えいやー」という気持ちでエントリーし、この度多くの皆さまの後押しがあってチャリティランナーとして正式にエントリーできました。今、いよいよ走るぞ!と気合を入れているところです。←気合だけか!?(笑)

Img_20160528_105920
さて、せんだいハウスは年間1,000家族以上が滞在しています。ほとんどが東北6県から、50%以上が宮城県以外からのご家族で、宮城県内では気仙沼、石巻からの患者家族が多く利用しています。ほんとうに遠方からの利用家族が多く、ご自宅から遠く離れた場所で病気に立ち向かっている姿にいつも感服しています。ハウスマネージャーとして、今まで延べ1万以上のご家族とお会いし、「いのちの尊さ」について教えられる事が多くありました。振り返れば、病気の子ども達とそのご家族から沢山のパワーをもらって、ハウスを運営できたのだと思います。

今回、東京マラソン2017チャリティのチャリティランナーとして走りますが、ご家族をはじめボランティアさんや支援していただいていている多くの皆さまの力をパワーに完走したいと思います。ぜひ応援よろしくお願いいたします!   中島康志」

皆さん、中島マネージャーの応援よろしくお願いいたします!
https://www.runwithheart.jp/charity_sheet?id=5768

東京マラソン2017チャリティ公式Webサイト
https://www.runwithheart.jp/


ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

2016年8月 9日 (火)

「笑顔いっぱい、こども病院の夏祭り♪」

入院している子ども達のために、開催された夏祭りheart01今年は、宮城県立こども病院と拓桃医療センターが統合し、病室が増えたこともあり、多くの子ども達が参加しましたconfident

ハウスはチームせんだいハウスが中心となりミニバスケットゲームを出店basketball

Img_5469
こども病院ボランティアはボーリングrock

Img_5479
医局、放射線部はへびへびパニックhappy02

Img_5468
仙台建設業青年部はくじ引き&水ヨーヨーscissors

Img_5478

Img_5467







看護師さん達はすずめ踊りnotesすずめ踊りは仙台の伝統的な踊りでテンポのよい躍動感のある踊りですhappy01

Img_5481
どのコーナーも子ども達の笑顔と歓声がいっぱいでしたhappy01

最後には病室からも観られるように打ち上げ花火が夜空いっぱいに打ちあがりましたshine

Img_5521


せんだいハウス ハウスマネージャー 中島

2016年8月 8日 (月)

「石巻日日こども新聞の子ども記者がハウスを取材!」

石巻日日こども新聞は、石巻の子どもたちの取材活動により、今を伝える新聞ですhappy01東日本大震災から1年後の2012年3月11日創刊しました。
先日、そんなこども新聞の記者2名がハウスに取材に来ましたsign01そのときのコメントがこちらですdownwardleft

「姉が病気で宮城県立こども病院に入院していて、その時にしばらくの間、マクドナルド・ハウスに泊まりました。ハウスを知ってもらいたくて取材をしたいと思いました。取材をしての感想は、ハウスにはとてもやさしい人がたくさんいました。病院にも近くて便利でした。一緒に泊まっている人と仲良くなれるので、良い所だと増々思いました。」

「妹が病気で入院したので、このマクドナルド・ハウスに泊まっていました。ハウスはどういう所なのかわからない事もあったので取材に来ました。取材をしての感想は、大人だけがボランティアをしているのかと思ったら、親子でボランティアができる事を知りました。またお部屋に日記帳の様なノートがあって、つきそいで大変な時の気持ちが書いてありました。ほっとした気持ちになれるように、いろいろな所が工夫されている事がわかりました。」

Img_5539_2
二人はこの日、こども病院院長にも取材をしており、どんな記事になるのか、今からとても楽しみですhappy01


せんだいハウス ハウスマネージャー 中島

2016年7月 5日 (火)

「リフレッシュ工事ついに完成!さらに安心して過ごせるハウスへ」

6月23日、せんだいハウスにてリフレッシュプロジェクト完成お披露目会が行われましたhappy01

Photo
オープンから13年が経過したせんだいハウスは、経年劣化による設備工事等のため、2,000万円の資金が必要となり、2014年2月、リフレッシュプロジェクト募金委員会を立ち上げ募金活動を開始しました。おかげさまで、多くの皆さまからのご支援をうけ、20,957,493円もの寄付が集まり、リフレッシュ工事も無事完了しましたsign01

Photo_2
今回のリフレッシュ工事では、空調設備の交換工事、中庭フェンスの塗り替え、ダイニングやプレイルームなどの共有スペースの壁紙の貼り替えなどを行いましたscissors

Photo_4

Photo_5







お披露目会には、当財団の柳澤理事長、宮城県立こども病院の林院長、リフレッシュプロジェクト募金委員会世話人でもある仙台宮城野ロータリークラブの佐藤会長をはじめ、応援していただいた企業、ボランティアの皆さんなど、たくさんの方々にご出席いただきメッセージをいただきましたmail

Photo_10

Photo_11
また、お琴と尺八の祝賀演奏で、お披露目会に花を添えていただきましたnotes

Photo_9
古典的な曲から、みんなが口ずさめる曲まで、楽しいひと時にみなさんも笑顔で一緒に歌いましたnote

Photo_12
最後に、ハウスを利用されている患者家族の花田さんからのメッセージをご紹介しますmail

Photo_13
「2015年11月から2年位の予定で入院と手術ということで、長期入院になるのに、青森と仙台の往復が果たして可能なのか悩み、不安ばかりがつのりました。ハウスを利用して、うちよりもハウスでの滞在が長くなる中で、さりげないおもてなしと目に見えない温かさに支えられました。子どもも週末はハウスで過ごしくつろいでいます。以前のアイボリーの壁紙も大好きだったけれど、新しい壁紙を見て、生きる希望や前向きになれるように心理面からも支えられるようにしてくれているのだと感じ、子どもがハツラツと遊んでいる姿を見て、嬉しく思いました。初めに抱いていた不安が希望に変わっていきました。
ここでの時間が大切な思い出です。どんなホテルよりも素晴らしいさりげないおもてなし。それが、このハウスにあります。
この空間を与えてくださった方々に感謝申し上げます。」

花田さんからのメッセージに、勇気づけられさらに頑張っていかなければと心を震わせられた瞬間でしたheart02

リフレッシュ工事の完成で、ご家族にはさらに安心してハウスに滞在していただけるようになりましたhappy01
ご支援、ご協力いただいた皆さま、ありがとうございましたsign03

※お披露目会の様子は河北新報で掲載されているので、ぜひご覧ください。記事はこちら


せんだいハウス アシスタントマネージャー 菅野 

最近のトラックバック