プロフィール

  • 公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン

    プロフィール

    公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウスは病気の子どもとそのご家族が利用できる滞在施設です。 ハウスの運営は地域のボランティアと皆さまの寄付と募金で成り立っています。

    http://www.dmhcj.or.jp/

2017年3月28日 (火)

「念願かなって♥」

プレイルームのマットが古く、張替えをしなくては・・・とずっと気になってましたbearing
三菱UFJ信託銀行の皆さんが活動に来てくださり、念願かなって新しくできましたshine短い時間でしたがとても手際が良く、普段からチームワークの良さが伺えますscissors

Photo_3
当日はハウスの庭に植えるお花の苗も寄付してくださって、春とともにハウスが更に心地の良い
場所になり、早速患児の兄妹がおばあちゃんと遊んでましたhappy01

Photo_4

Photo_5
三菱UFJ信託銀行の皆さま、ありがとうございましたsign01


せたがやハウス アシスタントマネージャー 
広瀬

2017年3月 7日 (火)

「だから~“女子カラダ”だから!」

2015年からハウスでミールプログラム(食事提供のボランティア)の支援をしていただいているNPO法人「女子カラダ元気塾」http://joshikarada.jp/

代表の光原さんはご自身も娘さんの入院時に付き添いを経験されていますが、しっかりした食事が
どんなに力になるかを実感されているので、ほとんど毎月のようにミールプログラムを開催してくださっていますhappy01

Photo

Photo_3
時には六本木の三ツ星レストランのシェフがメニューを考案して普段とは違うワンランク上の食事ができる日もありますscissors
そんな野菜中心の食事を、利用ご家族はたっぷり食べて、パワーを蓄えていますup

Photo_4
感想のメッセージはいつも感謝の言葉でいっぱいloveletter
ご家族が頑張れるは「女子カラダ元気塾」の皆さんの支援のおかげでもありますsign01

だから、今日も付き添いが頑張れるのですねrock
「女子カラダ元気塾」の皆さん、これからもよろしくお願いいたしますhappy01

せたがやハウス アシスタントマネージャー 
広瀬

2017年3月 3日 (金)

「コンベンションinオークランド参加報告会」

昨年10月ニュージーランド・オークランドで開催されたアジア、太平洋、中近東、アフリカ諸国のハウス関係者が集まったコンベンションにせたがやハウスから2名のボランティアさんが参加し、その報告会を先日開催しましたhappy01

ニュージーランドには4つのハウスがあり、ボランティアさんが訪問したオークランドのハウスはなんと部屋数が100余りsign01滞在日数に制限がないことや、食堂はさながら日本のショッピングモールのように広々としていることなど写真を交えながら説明をしてもらいましたhappy01

Photo
海外のハウスのことを知ることができるのはとてもよい刺激になりますnote次回の開催場所は何処になるかわかりませんが、またハウスから参加してもらえたらと思いますsign03


せたがやハウス アシスタントマネージャー 広瀬

2017年2月23日 (木)

「N・P・G」

「New Power Generation」
日々の活動を見直し、ハウス運営を円滑にそして更に、ボランティアさんにもより積極的に関わってもらうために、茶話会という名のミーティングを二日間にわたり開催し、活発な意見交換が出来ましたhappy01
ここ数年にハウスのボランティアに加わった方たちの意識の高さを嬉しく思い、新しい世代のパワーにせたがやハウスの未来は明るいと確信しましたgood
16年目に突入したせたがやハウスの新しい力を頼もしく感じていますsign03

P2203106

せたがやハウス アシスタントマネージャー 広瀬

2017年2月17日 (金)

「『守り人』の末裔?たち」

今NHKでオンエアーされている「精霊の守り人」シリーズ。
その原作者上橋菜穂子氏の母校である香蘭女学校の高校3年生4名が2週にわたりボランティア活動に来てくれましたhappy01ちょうどひな人形を飾る日でベテランのボランティアさんとも意気投合scissors

Photo_2
2回目に来たときはウイッシュリストに沿って寄付品も持参してくれたり、「募金活動ができるか学校に掛け合ってみます!」と目的意識をしっかりと持っての活動でしたsign01

P2133081

P2133095
「誰かのために力を尽くすことが心地良いです!」と力強く言い放ってくれた「精霊の守り人」の主人公バルサにも負けない彼女たちでしたhappy01


せたがやハウス アシスタントマネージャー 広瀬

2016年12月15日 (木)

「ドナルド・マクドナルド・ハウス 3ハウス合同アニバーサリー合同ラッフル結果発表!」

せたがやハウス15周年、とちぎハウス10周年、東大ハウス5周年を記念して「アニバーサリーラッフル2016」を行いましたpresent

本日抽選会を行い、当選番号が決定しましたscissors厳選な抽選を行う為にパソコンを使用し、エクセルのランダム関数を使って行いましたpc

Photo
shine目玉賞品当選番号shine
presentクオカード1万円分present
当選番号: 2066

presentクオカード5千円分present
当選番号: 6003、
4437、8838

presentTDLペアチケットpresent
当選番号:
1181

present玉露present
当選番号: 
824、3087

presentダイソンコードレスクリーナーpresent
当選番号: 1009

present有名野球選手サイン入りTシャツpresent
当選番号: 2633

presentライオンズ中村選手サイン入りレオぬいぐるみpresent
当選番号: 462、1833、4056、
5190、8150

present英会話無料レッスンチケットpresent
当選番号: 1061

presentJCBギフトカード6千円present
当選番号: 4088

presentJCBギフトカード7千円present
当選番号: 5630

present飛騨牛ギフトpresent
当選番号: 5450

presentDVDプレーヤー(大)ブルーレイ対応present
当選番号: 3144

それ以外の当選番号は下記よりダウンロードしてくださいpc
2016アニバーサリー合同ラッフ当選番号一覧t.pdfをダウンロード

景品をご提供いただいた多くの企業、個人の方々にこの場をお借りして改めて御礼申し上げますconfident

そして当選された皆さんおめでとうございますsign03各ハウスとラッフル募金受付にご協力いただいた企業様へ賞品の郵送するのに少しお時間をいただきますので、事前に各ハウスまたは企業様窓口の方にご連絡をいただき、賞品が届いていることを確認の上、取りにいらしてください。

≪ハウス連絡先≫
せたがやハウス telephone03-5494-5534  とちぎハウス telephone0285-58-7551
東大ハウス telephone03-3812-9877


ドナルド・マクドナルド・ハウスを支える会 

2016年12月 8日 (木)

「野球がハウス利用家族の支えに~憧れの読売ジャイアンツ選手訪問~」

12月8日(木)読売ジャイアンツの亀井善行選と澤村拓一選手が、せたがやハウスを訪問してくれましたhappy01
選手によるハウスの訪問は今年で4回目です。

まずはハウスを見学していだき、ハウスマのことやハウスを利用する家族のことを説明させていただきました。

Photo_2
その後ハウスを利用者さんと選手のご対面happy01憧れの選手を拍手でお迎えしましたsign03

Dsc00590
子ども達一人一人に選手からプレゼントが手渡されるとみんな大喜びnote

Twitter1

Dsc00655






和気あいあいとした雰囲気で、みんなで今日参加できなかったお子さんのために応援メッセージ入りサンタ帽子を作りましたxmas

Photo_3

4


 




その後、利用者を代表し病気と闘う弟がいる佐藤虎太朗くんから感謝の言葉と手紙が手渡されましたmail虎太朗くんは感謝の言葉の中で「弟が入院すると留守番になることもあり、とても淋しい思いをしていた。でもその時間を野球が埋めてくれ、淋しい気持ちが和らいだ。今日は憧れの亀井選手、澤村選手に会えてとても嬉しい。」と話してくれましたconfident

5
そのメッセージを受け亀井選手からは「私も子どもがいるのでグッとくるものがありました。これからもこのような家族のために野球で貢献していきたい。」そして澤村選手からは「お兄ちゃんが野球で活躍して、ぜひ家族の支えになってほしい」とエールを送ってくれましたsign01

8
短い滞在時間でしたが、闘病する子どもとその家族の大変さとそんな家族を支えるハウスの趣旨に共感していただけましたhappy01

Photo_4
亀井選手、澤村選手、そして読売ジャイアンツの皆さま、本当にありがとうございましたconfident来シーズンの活躍を応援していますrock 


ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

2016年11月17日 (木)

「新しい な・か・ま に心から♡」

12月オープン予定のさいたまハウスhappy01着々と準備が進められているようですね。

そんな中、せたがやハウスではパッチワークグループからさいたまハウスへプレゼントするキルトが出来上がりましたscissorsハウスがちゃんと12ありますcatface

2
新しく仲間入りするハウスの為に、ひと針ひと針心を込めて仕上げましたconfident
さいたまハウスを利用するご家族がホッとできる、居心地の良い空間になりますようにheart01


せたがやハウス パッチワークグループ一同

2016年11月16日 (水)

「ドナルド・マクドナルド・ハウス 3ハウス合同アニバーサリーラッフル開催中!」

皆さまのお陰で今年、日本で最初のハウス、せたがやハウスが出来て15周年、そしてとちぎハウスが10周年、東大ハウスが5周年を迎える事が出来ましたhappy01それを記念して3ハウス合同でアニバーサリーラッフルを開催中ですsign03

『ラッフルって?』
慈善くじ引きの事です。募金のお礼に抽選券をお渡しし、協賛企業の景品が当たるかもsign02というイベントです。いただいた募金は病気の子どもとそのご家族を支えるハウス運営の為に使わせていただきますheart01

『参加するには?』
①100円以上の募金で1枚のラッフル券をお渡しします。
② 12月14日にとちぎハウスで公開抽選会を行います。
③ 結果は12月15日(木)ドナルド・マクドナルド・ハウスのブログに掲示します。
http://dmhcj.lekumo.biz/blog/
④ 当選者に景品が贈られます。2017年1月13日までに交換してください。
※個別に当選のご連絡はいたしません。

『豪華景品が当たる!』
ディズニーリゾートペアチケット、ダイソンコードレスクリーナー、埼玉西武ライオンズ中村選手サイン色紙やレオぬいぐるみ、有名力士サイン入り色紙やバスタオル、クオカード、図書カード、デパート商品券他金券各種、ビール券、お米ギフト券、飛騨牛ギフト(約700g)、英会話無料レッスンチケット(3万円相当)、などほか多数sign03

Ani_01

Get_pic









Cimg0754

Cimg0757













■景品提供にご協力いただいた皆さま■
株式会社Dダイニング、日本コカ・コーラ株式会社、プロクター&ギャンブル(P&G)株式会社、 ダイソン株式会社、日本マクドナルド株式会社、ディーンモルガン株式会社、ワタキューセイモア株式会社、 マナトレーディング株式会社、明治安田生命保険相互会社、ほか個人の方多数

■詳細はこちらよりダウンロードできます■
2016アニバーサリーラッフル.pdfをダウンロード

主催:ドナルド・マクドナルド・ハウスを支える会 
お問い合わせ:せたがやハウス 03-5494-5534 とちぎハウス 0285-58-7551
東大ハウス 03-3812-9877

興味のある方は是非各ハウスにお問合せくださいhappy01詳しい参加方法をお知らせいたしますsign01
皆さまのご参加をお待ちしておりますsign03


ドナルド・マクドナルド・ハウスを支える会 

2016年10月28日 (金)

「そう! まさに家族が元気になれる家なんです~Part2~」

オープンハウスでは毎年の恒例、ドナルドショーや協賛品の販売があり、今年は(株)ドリームの皆さんがチャリティーくじなども企画してくださり、前庭を盛り上げてくださいましたhappy01

Photo

Photo_2










Photo_5

 

 







その中で子ども達の注目の的になったのが「風船おじさん」ですnote
カラフルな風船を駆使して、色んな動物や花などを作ってくれましたsign01

Photo_6

Photo_7













駐車場でのワークショップの間には「スマイリングホスピタルジャパン」さんが生のギター演奏で盛り上げ、雰囲気は一気にマックスですup

J
一方、1階ホールではボランティアさんの手作り品販売、ロレアルさんのハンドマッサージconfident

Photo_8

Photo_9








3階ではお部屋を見てもらったり、ハウスの歴史や、ボランティアさんの活動報告の展示もあり、また集まった子ども達の絵は3階、4階の廊下、階段などに展示して、こちらも沢山の方に鑑賞していただきましたeye

Photo_10

Photo_11








盛りだくさんの内容の一日でしたが、いよいよフィナーレですshine
日本大学商学部の学生たちが、完成した絵をハウス正面まで運びますrock
ドナルドや(株)ドリームの皆さん、ボランティアさん、そしてワークショップに参加した子ども達、ロコさんと一緒に「家族が元気になれる家」の完成とせたがやハウス15周年をお祝いしましたbirthday

Photo_12

Photo_13
その歓声を聞き、沢山の方にに支えられた、まさにこの場所が「家族が元気になれる家」なんだなと感慨深い気持ちになりましたconfident

当日の入場者数は482名、募金の総額は510,243円でしたhappy01
ご協力いただいた全ての皆さまに心から感謝申し上げますheart01
ありがとうございましたsign01


せたがやハウス アシスタントマネージャー 広瀬

最近のトラックバック