プロフィール

  • 公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン

    プロフィール

    公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウスは病気の子どもとそのご家族が利用できる滞在施設です。 ハウスの運営は地域のボランティアと皆さまの寄付と募金で成り立っています。

    http://www.dmhcj.or.jp/

« 2017年1月 | メイン | 2017年3月 »

2017年2月27日 (月)

「今年もみんな揃ってもちつき大会!」

2月17日(金)、恒例行事となりました「JA仙台もちつき大会inせんだいハウス」が開催されましたhappy01
今年もJA仙台のみなさまが、管内で栽培・収穫した平成28年産米300キロを寄贈してくださいましたriceball
数種類の新鮮なお米を毎年ありがとうございますsign01

P6400962
JA仙台の職員の方々とハウスボランティアのみなさんが会場の準備をすすめる片隅で甘~いわたがし製造機も登場catface

P6400985_2

P6410224







イベントの始めにお米の贈呈式があり、その後にもちつきがスタートgood

P6410023_2
今年もハウス親善大使ドナルドと、仙台・宮城観光PRキャラクターむすび丸が応援にきてくれましたrock
ふたりの絶妙な掛け合いに、参加ご家族も思わず笑顔にhappy01

P6410177
職員の方の丁寧な下ごしらえの後、小さなお子さんも杵つきを体験しましたscissors
周りの掛け声に合わせて上手にぺったんぺったんできましたね~notes

P6410097

P6410103







つきたてのお餅は少しずつ分けて、あんこ、ごま、きな粉をまぶしたり、のりで巻いたりしました。

P6410142_2

P6410188



 

 

やわらかくておいしいお餅、みんなでたくさん食べましたdeliciousごちそうさまでしたsign03

P6410283_2

P6410284_2

 










せんだいハウス  アシスタントマネージャー 遠藤

「想いを届ける♡バレンタインクッキー作り♪」

今年もボランティアさんが利用ご家族にプレゼントするクッキーを作りに集まってくださいましたhappy01
まずは、材料を小分けに分量して準備。「お菓子作りは分量を量る時から楽しいですね♡」そんな会話もしながらクッキー作りnote
バタークッキーとココアクッキーの2種類の生地を作り綿棒でのばして成型。いろんな形のクッキーがみるみるうちに出来ましたscissors

1
星や車、うさぎさんやくまさんの形など、2種類のクッキーが楽しめるボランティアさんのお手製クッキーは工夫がいっぱいですhappy01
「きっと喜んでくれるね!」と子どもたちの笑顔を思い浮かべて……想いを込めたクッキーが完成ですsign03

2
かわいいパッケージに詰め込んで利用ご家族の皆さんにプレゼントしましたpresent
クッキーの甘―い香りがボランティアさんの想いと笑顔を届けてくれますようにheart04

こうちハウス  アシスタントマネージャー 江藤

2017年2月23日 (木)

「N・P・G」

「New Power Generation」
日々の活動を見直し、ハウス運営を円滑にそして更に、ボランティアさんにもより積極的に関わってもらうために、茶話会という名のミーティングを二日間にわたり開催し、活発な意見交換が出来ましたhappy01
ここ数年にハウスのボランティアに加わった方たちの意識の高さを嬉しく思い、新しい世代のパワーにせたがやハウスの未来は明るいと確信しましたgood
16年目に突入したせたがやハウスの新しい力を頼もしく感じていますsign03

P2203106

せたがやハウス アシスタントマネージャー 広瀬

「冬の国循チャリティーバザー開催!」

2月21日(火) 恒例の「国循チャリティーバザー」が国立循環器病研究センター地下1階フロアで行われましたhappy01
前日は4月並みの暖かさでしたが、当日は雪の舞う寒さの中でのスタートsnow
そんな天候にも負けず24名のボランティアさんが集まってくださり、搬入から品物並べまで、チームワークと手際の良さでサクサク準備が終わりましたscissors

決起の集合写真撮影もバッチリcamera

Photo
いよいよ10時半、バザースタートsign01
開始を待ちきれないお客様もおられ、冬のバザーもすっかり定着したようでうれしい限りですhappy01

1
リピーターも多い人気のグリーンのコーナーや、木工班の作品、この日のためにと手作りしてくださった
可愛い手芸品、ご寄付いただいた日用品などがたくさん並び、あれこれ選ぶお客さまも楽しそうnote

Photo_4

Photo_7











「マクドナルド・ハウスも国循と一緒に移転するの~?」と募金箱に入れてくださる方の声に励まされたり、病院関係者の方がお昼休みに買い物や募金に来てくださることに力が沸いて、ボランティアさんのパワーも一段とアップしていきましたup

今回のバザーも大盛況に終わり、おかげで帰る頃には朝のお天気が嘘のような青空になっていましたsun
バザー収益金 ¥100.130
募金  ¥17.640
バザーの収益金は全額ハウスに寄付していたただきました。
皆さま、ご協力本当にありがとうございましたsign01

あと片付け終了後には、「疲れて帰ってくる人に甘い物を!」とボランティアさんが作ってくれた「いもきんとん」を食べながら寄付・募金額の報告と楽しいお茶のひとときを新旧のボランティアさんの交流も兼ねて過ごしましたconfident

Photo_8
イベントがある度に、改めてボランティアさんたちの力の大きさと利用者さんへの熱い思いを感じますheart01
準備から、本当に多くの方に関わっていただき大成功に終わりましたscissors
心から感謝申し上げますsign01


おおさか・すいたハウス 
アシスタントマネージャー 新川

「フードドライブ、広がっています!」

必要な施設に届けるため、家庭で食べきれない食品を持ち寄る「フードドライブ」riceball女性限定のスポーツジム「カーブス」さんは、古くからこの活動に取り組んでおられます。
おおさか・すいたハウスでは2012年からご支援いただき、今年もディオス北千里、吹田山田、千里丘、蛍池の4店舗で集まった食品等をハウスにお持ちいただきましたpresent

_1
その量、なんと段ボール42箱分happy02
継続した活動になっているので、会員さんが「ドナルド・マクドナルド・ハウスのためなら」と持って来てくださった方もおられたそうですheart01また最近は新聞などにも取り上げられた影響か、千里丘、蛍池の2店舗では、なんと一般の方も持って来てくださったそうですhappy01

いただいたたくさんの食料品は、金蘭千里中・高等学校のボランティア部のみなさんに仕分けていただき、早速利用者さんにお出ししましたscissors

_2

_3
利用者さんからは次のような感想が届けられましたmail
「孫の大手術と長期入院。娘も私も疲れている中で、このような心温まるご支援をいただき、本当にありがとうございます。看病で疲れて帰ってきた時、心身共に癒されます。他の利用者さんの表情を拝見していても同様に感じます。」

カーブスさん、ありがとうございましたsign03


おおさか・すいたハウス アシスタントマネージャー 堀

2017年2月21日 (火)

「神戸ハウスのお雛さま♪」

お雛祭りに向けて神戸ハウスにもお雛さまが登場しましたhappy01
1階のチェックインコーナーと2階3階のリビングがとっても華やかになっていますnote

Dscn0194_2

Dscn0196_3










Dscn0198

Dscn0202










特にリビングのお雛さまは7段飾り、5段飾りと豪華ですshine
どちらのお雛さまも利用されるご家族の癒しになればという思いを込めてボランティアさんが組み立ててくださいましたscissorsなんと3時間近くかかった大作ですsign01
お雛さまは優しいお顔で、毎日ご家族を見守ってくれていますconfident

また玄関のお花もボランティアさんに模様替えしてもらいましたsign01ヒアシンスに代わってマーガレットがそよ風にゆれていますnotesバルコニーでは昨年植えたパンジーが満開ですtulip

Dscn0199

Dscn0201







春の気配を感じる神戸ハウスですhouse
やさしさにあふれた神戸ハウスが大好きですheart01


神戸ハウス 
アシスタントマネージャー 浜田

2017年2月17日 (金)

「『守り人』の末裔?たち」

今NHKでオンエアーされている「精霊の守り人」シリーズ。
その原作者上橋菜穂子氏の母校である香蘭女学校の高校3年生4名が2週にわたりボランティア活動に来てくれましたhappy01ちょうどひな人形を飾る日でベテランのボランティアさんとも意気投合scissors

Photo_2
2回目に来たときはウイッシュリストに沿って寄付品も持参してくれたり、「募金活動ができるか学校に掛け合ってみます!」と目的意識をしっかりと持っての活動でしたsign01

P2133081

P2133095
「誰かのために力を尽くすことが心地良いです!」と力強く言い放ってくれた「精霊の守り人」の主人公バルサにも負けない彼女たちでしたhappy01


せたがやハウス アシスタントマネージャー 広瀬

2017年2月15日 (水)

「今月のありがとう!」(1月編)

1月も各ハウスへたくさんの心のこもったご支援、ご協力をいただきましたhappy01

≪こうちハウス≫
clover 北村 節子さまclover
花の苗を8ケースもご寄付いただきましたbudハウスの花壇が華やかになり、利用家族の皆さんにもきっと喜んでいただけると思いますhappy01

Photo

≪おおさか・すいたハウス≫
clover株式会社有恒園芸clover
今年もたくさんの葉牡丹をご寄付いただきましたclover園芸班の方々に植え込み作業をしていただき、ハウスの外観がとても明るくなりましたhappy01

20170117_
clover株式会社阪神コンテンツリンクclover
利用家族の皆さんや募金お礼にと、たくさんのタオルを届けてくださいましたpresent

20170201_

≪とちぎハウス≫
clover栃木県理容組合青年部clover
14名の方にハウス内清掃をしていただきましたhappy01ワックスがけもしていただき、ハウスがピカピカになりましたshine

S_2

この他にも、たくさんのご支援をいただき、ありがとうございましたhappy01
皆さまの温かいお気持ちが病気と闘う子ども達とそのご家族に届きますようにconfident

ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

2017年2月10日 (金)

「たくさんの支援に支えられて~さいたまハウス運営開始から1ヵ月~」

昨年年末に運営をスタートしたさいたまハウスhouse多くのボランティアさんが積極的に活動してくれるおかげでハウスを利用するご家族にもゆっくり過ごしていただけていますconfident

Dscn0619
先日、ヤンセンファーマ株式会社の皆さんがさいたまハウス初の企業ボランティアとして活動してくれましたhappy01病院が完成してから、なかなか手を入れることが難しかった箇所を清掃していただき、ピカピカにshine

Dscn0609

Dscn0610







これからも定期的に来ていただけるということで大変心強いですsign03

運営開始から1ヵ月…、病気と闘うお子さんとその家族を応援したいという想いは少しずつではありますが確実に広がってきておりますhappy01これからもこの温かい想いをハウス利用するご家族に届けられるように、ボランティアさんとスタッフ一丸となってハウス運営頑張りますrock

さいたまハウス ハウスマネージャー 押野

「楽天イーグルス選手と一緒に絵馬に願いを」

今年もせんだいハウスに、病気の子ども達を応援するためにやってきましたsign03
まさにキャンプイン直前の東北楽天ゴールデンイーグルス枡田慎太郎選手&西田哲郎選手ですbaseball

せんだいハウスの利用者さんと一緒に今年、頑張りたいことを色紙に書きましたpencil

Photo_3
「もう一度、日本一!そしてゴールデングラブ」by枡田選手
「東北の人、ファンの人、みんな笑顔に!“優勝”」by西田選手
ハウス利用の子ども達は
「手術にむけて、リハビリがんばる」
「頑張って大きくなって、笑顔いっぱいの女の子になる」
「勉強をがんばる」
などなど。やる気に満ち溢れた色紙がたくさん集まり、慎太郎選手と西田選手が、一人一人にコメントとイーグルスキッズのシールを貼ってくれましたhappy01

Photo_2
それをボランティアさん制作の「ハウス特製酉年絵馬」に貼り完成ですscissors

Photo_4

Photo_5
お楽しみの時間では、慎太郎選手と西田選手がストラックアウトに挑戦しプロのコントロールを披露sign03
そのあとは、ひとりずつとふわふわのボールでキャッチボールをして楽しみましたbaseball

Photo_6
野球のスポーツ少年団、黒松フレンズのみんなもお手伝いに来てくれましたhappy01

04
とっても優しくて力持ちの慎太郎選手、気さくな爽やかイケメンの西田選手、これからもずっとハウスを応援してくださいねsign03お二人の活躍を楽しみに、私たちもがんばりますrock

また来年お待ちしておりますsign01よろしくお願いしますsign03


せんだいハウス アシスタントマネージャー 齋藤

最近のトラックバック