プロフィール

  • 公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン

    プロフィール

    公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウスは病気の子どもとそのご家族が利用できる滞在施設です。 ハウスの運営は地域のボランティアと皆さまの寄付と募金で成り立っています。

    http://www.dmhcj.or.jp/

« 2016年12月 | メイン | 2017年2月 »

2017年1月30日 (月)

「利用者さんにより快適にすごしていただきたい~とちぎハウス キッチンドアお披露目会~」

昨年9月で10周年を迎えたとちぎハウスhappy01
10周年という節目にご家族から要望の高かったキッチンのドア設置を計画し、「スマイル10募金」キャンペーンを立ち上げました。本当にたくさんの方からご協力いただき、なんと集まった募金は191件2,945,195円heart01そして11月末に無事扉が設置されましたscissors

Img_4359
1月24日(火)に支援してくださった方々をお招きし、お披露目会を行いましたsign01

Img_4383
テープカットの後、くす玉割りnoteハウスはたくさんの笑顔と拍手に包まれましたpaper

Photo_3

Img_4385_5












支援者の方々からもご挨拶をいただきましたkaraoke病院の看護部副部長の大海さまからは「家族が困っているからドアを募金でつけよう、なんとかしよう!という発想が本当にハウスらしくて温かいですね」とお言葉をいただきましたconfident

Img_4370
当日は下野新聞社の方も取材に来てくださり翌日新聞に掲載されましたmemo


キッチンの開放部2ヵ所に取り付けられた引き戸式の扉note業者の方が何回もハウスに足を運んで打ち合わせをしてくれたおかげで、色合いも周りの壁にマッチしていて、まるで初めからついていたかのような素敵な仕上がりになりましたhappy01

Img_6033_2
滞在されたご家族からも「レンジの音も部屋に聞こえなくなり、益々快適なハウスになりました」と感謝の言葉をいただいていますhappy01

更に少しの暖房で暖かくなるので、ハウスの光熱費も削減できそうですnotes

寒い冬ですが、ドアを見るたびにご支援くださった方々の想いが伝わり、温かい気持ちになりますheart01
「スマイル10募金」にご協力いただいた皆さま、本当にありがとうございましたsign03


とちぎハウス ハウスマネージャー 斎藤

2017年1月27日 (金)

「ハウス利用者の声~募金してくれて、ありがとう~」

年末に公開された「募金してくれて、ありがとう」動画movie皆さん見ていただけましたか?いろんな方から反響があり、ご協力いただいた皆さまには本当に感謝していますconfident
募金してくれてありがとう動画

 実は約2分の動画を作成するにあたり、出演いただいた4組のご家族には長い時間インタビューをさせてもらっていて、泣く泣くカットさせていただているお話もたくさんありますbearingそこで今回ご協力いただいたご家族のインタビュー映像を財団ウェブサイト「利用者の声」のページに掲載させていただきましたscissors

ご家族のハウスに対する“想い”をぜひご覧くださいheart01


YouTube: 「利用者の声」伊豆丸さん


YouTube: 「利用者の声」風間さん


YouTube: 「利用者の声」金本さん


YouTube: 「利用者の声」佐藤さん


ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

2017年1月20日 (金)

「みんなで気分転換♪街歩きツアー」

先日、東大ハウスのボランティア村上さん主催で、「谷根千街歩きツアー」に行ってきましたrun

「谷根千」はテレビや雑誌で特集を組まれるなど東京で大人気のスポットで、東大ハウスからすぐそばにありますhappy01村上さんは、NPO法人東京シティーガイドクラブに所属している登録ガイドさんでもありますsign01昨年の夏に「東京大学構内ツアー」を開催していただいたので今回で2回目の企画になりますscissors前回の参加者はハウスのボランティアさんだけだったのですが、今回はボランティアさんとハウスの利用者さん(お母さん)も参加ですhappy01

利用者さんがお子さんを院内学級にお見送りした後に私達と合流。
さあスタートですrock

Photo
東大ハウス→横山大観旧居跡→根津駅→はん亭→善光寺坂→玉林寺→古い井戸→ミカドパン店→アランさんのギャラリーへ

Photo_2

Photo_3

Photo_4



Photo_5

Photo_6

Photo_7







大名時計博物館→あかじ坂→旅館澤の屋→藍染川→いも甚→根津の路地裏→サトーハチロー住居後→弥生式土器発掘碑→お化け階段→根津教会へ

Photo_8

Photo_9

Photo_11








根津神社→薮下通り→猫の家→森鴎外記念館→団子坂→安田邸→全生庵→岡倉天心公園→谷中銀座→夕やけだんだん 解散paper

Photo_12

Photo_13

Photo_14





最後に谷中銀座名物のメンチカツをいただきながら記念撮影camera

Photo_15
約3時間のツアーでしたhappy01途中お土産屋さんに寄ったり美味しい食べ物を買ったり・・・たくさん歩きましたが充実していたのであっという間に終わってしまったnoteという感じです。利用者さんも「楽しかったです。今度は息子を連れて行ってあげたいな!!」と笑顔を見せてくれましたhappy01良い気分転換になったようで嬉しいですconfident

村上さん、楽しい街歩きツアーの企画をありがとうございましたsign01


東大ハウス アシスタントマネージャー  飯田

2017年1月17日 (火)

「今月のありがとう!」(12月編)

12月も各ハウスへたくさんの心のこもったご支援、ご協力をいただきましたhappy01

≪こうちハウス≫
clover南国青年会議所clover
植木の選定やプレイルーム清掃をしていただきましたshine

2
clover四国銀行従業員組合clover
ギフトセット・トイレットペーパー・ティッシュペーパー等をご寄付いただきましたpresent

Photo_2
clover花やSAKURAclover
プリンセチアの鉢植をご寄付いただきましたtulip

Photo_4
cloverUCC上島珈琲株式会社clover
ドリップポッドをご寄付いただきましたpresent

clover高知アネックスホテルclover
歯ブラシ2ケースご寄付いただきましたpresent

clover岡林義廣様・和子様clover
10万円のご寄付をいただきましたhappy01


≪おおさか・すいたハウス≫
cloverカトリックさゆり幼稚園clover
去年に引き続き、幼稚園のお祭りでの収益金をご寄付いただきましたclover

20161201_
clover花やSAKUYAclover
今年も鎌倉より、美しいポインセチアを届けてくださいましたtulip

20161207_sakura_2
clover株式会社 吹上技研コンサルタントclover
7月に引き続き、食料品をご寄付いただきましたpresent

20161216_
clover西日本旅客鉄道株式会社 京都支社clover
段ボール3箱分ものゴミ袋をご寄付いただきましたhappy01

20161216__2
cloverイオン北千里店clover
今年もお子さんとお母さんに、素敵なクリスマスプレゼントを届けてくださいましたpresent

20161220_
cloverフジパン株式会社clover
今年もお子さんに大人気のアンパンマンのクリスマスケーキを届けてくださいましたbirthday

20161220__2
cloverグラクソ・スミスクライン株式会社clover
12月は6回のミールプログラムで夕食を作ってくださり、お料理の合間にはハウスキーピングもしてくださいましたhappy01

20161203_

20161208_







20161209_

20161212_









20161216__3

20161217_











≪とちぎハウス≫
clover株式会社アグレッシブスタッフclover
オープンハウス準備を手伝っていただき、ご寄付もいただきましたhappy01

002
cloverトヨタカローラ栃木株式会社clover
先月の保存水に引き続き、お菓子をたくさんいただきましたpresent

Img_4281
cloverフジパン株式会社clover
12/22のクリスマス会に合せて、ケーキをいただき皆で美味しく食べましたhappy01

Photo
clover自治医科大学とちぎ子ども医療センターclover
大海副センター長、経営管理課の皆さまにハウスの大掃除をしていただき、その後クリスマス会にも参加していただきましたxmas

Img_4311

≪さっぽろハウス≫
cloverクインタイルズ株式会社clover
ハウス内清掃や除雪、クリスマス飾り付けなどをしていただきましたhappy01

Dscn1573
clover日本マクドナルド株式会社clover
荷物移動や清掃などをしていただきましたhappy01

Dscn1528
clover札幌フードシステムズ株式会社clover
クリスマス会のお手伝いなどを実施していただきましたhappy01

Dscn1849
clover稲穂中学校clover
ハウス内の清掃などをしていただきましたshine


≪東大ハウス≫
cloverBCホールディングス株式会社clover
ハウスの大掃除をしていただきましたshine

Bc
cloverグラクソ・スミスクライン株式会社clover
12月は4回ミールプログラムを実施してくださり、利用者さんに美味しい食事を作っていただきましたhappy01

Gsk

Gsk_2







Gsk_3










cloverヘルマンハープユニット「プリマヴェーラ」clover
クリスマスコンサートを実施いただき、美しい音色に涙する利用者さんの姿が見られましたnotes

Photo_2
clover学習院女子中・高等科ボランティア部clover
クリスマスの飾りつけをしていただきましたxmas


この他にも、たくさんの温かいご支援をいただきましたhappy01
すべての皆さまに心より感謝いたしますheart01
皆さまの気持ちが病気と闘っている子どもたちに届きますようにconfident


ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

2017年1月12日 (木)

「『今を生きよ!』CARPE DIEM! ~その後~」

以前にこのブログでも何度か紹介させていただいた元東大ハウスボランティアで柔術家、写真家の石川祐樹さんのその後のお話ですconfident
石川さんの娘さん、真優ちゃんは産まれてすぐに心臓病で東大病院に搬送され、何度かの手術を乗り越えて今はとても元気になりましたhappy01石川さんはお世話になった東大病院の為に何かしたいと、入院当時は無かったハウスが開設されると同時にボランティアに登録し、ハウスでのボランティアはもちろん様々な形でハウスを支援してくざさいましたheart01

Photo
今までの活動はこちらをご覧ください⇓
http://dmhcj.lekumo.biz/blog/2012/09/post-25ee.html
http://dmhcj.lekumo.biz/blog/2014/04/post-d325.html

http://dmhcj.lekumo.biz/blog/2015/03/carpe-diem-7bc5.html

今は東大ハウスのボランティアを辞め、ご自分の道場とその仲間を増やす為に忙しく活動を続けていますsign01そんな中、ハウスの支援活動は継続してくださっており、道場にあるハウスの募金箱は生徒さんのご協力でいつもすぐにいっぱいにsign03道場に関わる皆さまにもハウスの活動を深く理解していただけていますheart01

Photo_2
そして2016年はチャリティーイベントも行っていただきましたsign03
一つはチャリティーパッチの作成ですnote写真のような道着に着ける素敵なパッチを作成して関係者に販売し、集まった金額は全てハウスの為に寄付してくださいましたheart01

Photo_7

Photo_8














そして道場のインストラクター、THOMAS MIETZさんがチャリティーセミナーを行いましたhappy01こちらも集まった金額を全額ハウスに寄付してくださいましたsign01

Photo_9
道場に通う子供たちも1,000円ずつを寄付してくれたそうですhappy01

Photo_10
これらのチャリティーイベントで集まった金額は総額100万円sign03
大変大きな金額をハウスの為に寄付してくださいましたheart01そして新たにオープンする福岡の道場にもふくおかハウスの募金箱が置かれる事になりましたhappy01

Photo_11
石川さんとその大勢の仲間たちは、柔術という格闘技を極めるために日々努力する事はもちろん、ドナルド・マクドナルド・ハウスをはじめとするチャリティーの為にも今を生きていますrock

今を生きよ!=CARPE DIEM!(ラテン語)

マクドナルド・ハウスは石川さまとその仲間たちを始めとする多くの方々の力で支えられていますconfident


東大ハウス 
ハウスマネージャー 弘中

2017年1月 4日 (水)

「さいたまハウス運営スタートしました!」

12月27日(火)ご家族の受け入れを開始したさいたまハウスhouse

12
そんなさいたまハウスの門出を祝い、全国のハウスから素敵な手作りの品が送られていますheart04どの品も長い月日をかけ、各ハウスのボランティアさんが激励の気持ちを込めて作った傑作ばかりscissorsさいたまハウスの雰囲気をより温かいものにしてくれていますhappy01

Img_0134

Img_0136_2









Img_0137

Photo





 


埼玉県立小児医療センターの引っ越しも同日に行われ、年末年始を病院で迎える患者さんのご家族が
さいたまハウスに2家族チェックインされました。
病院の中にあるハウスなのに家のような雰囲気で、チェックインされたご家族は「本当のおうちみたいで、とてもびっくりです。子どもの外泊許可がでたらハウスで一緒に過ごしたい」とおっしゃっていましたconfident

Photo_2

Photo_4






Photo_5

Photo_6









年末年始にも関わらず、「ハウスがあいているなら」と多くのボランティアさんが活動してくれ、まだ慣れない手つきで、ご家族のチェックイン手続きなど手伝ってくれましたhappy01

少しでも長い時間ご家族が一緒に過ごせるように…、そして地域に愛されるハウスになるように…。
ボランティアさんとスタッフで力をあわせてハウス運営を行っていきたいと思いますrock
これからも皆さまの温かいご支援をよろしくお願いしますhappy01


さいたまハウス ハウスマネージャー 押野

「初めて迎えるお正月」

昨年5月にオープンした神戸ハウスが迎えた初めてのお正月confident
静かな年末年始を予想していましたが、いつもと変わらず、いっぱいのご家族で満室ですsign01
お部屋はお父さんやご兄弟も一緒で、普段の倍近い人数が年末年始を神戸ハウスで過ごされ賑やかな年末年始となりましたhappy01

ハウス内はボランティアの皆さんがお飾りを作ってくださったり、お花を植え替えてくださったりでお正月ムードいっぱいですhappy01

Dscn0118

Dscn0119









Dscn0121

Dscn0123







Dscn0127

Dscn0128







Dscn0116_2

Dscn0124







また、年末に利用されたご家族のおじいちゃんが折り紙で作ってくださった「はらぺこあおむし」や可愛いコマが子ども達に人気ですnote

Dscn0122

Dscn0126







元旦のキッチンはハウスを利用されたご家族や、多くの方からいただいたお米や食品が並んでいますsign01嬉しいお正月のプレゼントですpresent

今年も沢山のご家族が神戸ハウスを利用されると思います。
ボランティアの皆さんと力を合わせて少しでもご家族のお力になれることを願っていますconfident

皆さんにとって素敵な一年になりますように。。。


神戸ハウス アシスタントマネージャー 浜田

「温かい支援の広がり」

年末に4回目となる、とちぎハウスのオープンハウスを開催しましたhappy01

01
260名の来場者があり、募金も31万円も集まりましたsign03

チャリティバザーでは協賛企業のドレッシングやジュース、募金箱設置店のおせんべい、おまんじゅう、ボランティアさんの手作り品など盛りだくさんhappy01野菜も大好評でしたnote

02
ドナルドショーやコンサートも大盛り上がりup

04_2

05_2







ビンゴ大会では支援企業からご提供いただいた有名リゾート施設のペアチケット、パンデパルクの商品券など120点の賞品を楽しみに沢山の方が募金していただきましたheart01中には午前と午後と2回参加されたご家族もhappy01

石窯焼きピザグループのピザも美味しく、チャリティマッサージコーナーでは「気持ちいい~癒される」と評判でしたsign01心臓病の子どもを守る会のメンバーと病院の先生が一緒にコーヒーコーナーを盛り上げてくれましたup今年初めて参加してくださった鹿沼の中篠こんにゃく店さんの味噌おでんも絶品でしたhappy01

08

07




 

06

03









協力いただきました支援企業さま、ボランティアさん、ご来場戴きました皆さま本当にありがとうございましたhappy01
今年のオープンハウスもよろしくお願いいたしますsign03


とちぎハウス ハウスマネージャー 斎藤

「新年のご挨拶」

あけましておめでとうございます。

昨年は5月に神戸ハウス、12月にさいたまハウスと、2つのハウスをオープンさせていただくことができました。
この2つのハウスは病院が新築移転する際に、ご家族のための滞在設備をご用意いただき、その運営をドナルド・マクドナルド・ハウス財団に任されるという形でのオープンとなっています。
このことは第1号せたがやハウスに始まり、全国のドナルド・マクドナルド・ハウスで、ハウススタッフの皆さん、そして2,000人を超えるボランティアの皆さまが、毎日真摯に、温かい心でハウスを運営していただき、利用されたご家族はもちろん、医療関係者の皆さまに、その価値を高く認めていただいたからこその結果です。大変光栄に思うと同時に、ハウスを日頃支え続けているすべての皆さまに心から感謝を申し上げます。
皆さまのおかげで、昨年は全国で6,500組以上のご家族に、合計36,000日を超えてハウスに滞在していただくことができました。

ドナルド・マクドナルド・ハウスでは、プライバシーを確保したベッドルームだけでなく、共有のダイニング、キッチンそしてリビングなどをご用意しております。ハウスを利用された方々からは、1,000円で泊まれるという経済的支援はもちろんのこと、同じ状況にあるご家族同士が自然にコミュニケーションがとれ、自分一人ではないのだと感じられることで精神的な支えになったという感謝の声をいただいております。

2017年も、2,000名を超えるボランティアの皆さま、ハウススタッフの皆さんと共に、病気と闘うお子さんにとって、一番必要なときに、家族がそばにいられるように、全国12か所のハウスでサポートをしてまいります。本年も皆さまのご支援をよろしくお願い申し上げます。

Kimurasann


ドナルド・マクドナルド・ハウス財団  常務理事 兼 事務局長 木村恵美子

最近のトラックバック