プロフィール

  • 公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン

    プロフィール

    公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウスは病気の子どもとそのご家族が利用できる滞在施設です。 ハウスの運営は地域のボランティアと皆さまの寄付と募金で成り立っています。

    http://www.dmhcj.or.jp/

« 2016年4月 | メイン | 2016年6月 »

2016年5月31日 (火)

「ホームページ、リニューアルしました♪」

皆さんにお知らせですhappy01
ドナルド・マクドナルド・ハウスのホームページをリニューアルしましたnew

今回のリニューアルの一番のポイントは…
スマートフォンでも見やすいホームページになったことscissors

Img_2241mobilephoneスマートフォンTOP画面イメージmobilephone

ここ数年、スマートフォンを使用する人が急増upwardright手軽に使えるのでインターネットはパソコンではなく、スマートフォン…という方も増えてますよねup
そんな方にも見ていただけるようにスマートフォンにも対応したホームページに生まれかわりましたshine

スマホだけでなくパソコンでも見やすく、目的のページにもたどり着きやすくなったと思うので、たくさんの人に見てもらえたら嬉しいですheart01
ぜひご覧くださいeye
ホームページURL:http://www.dmhcj.or.jp/

Qrcode_2
ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

2016年5月27日 (金)

「あなたにもできる!患児の生活支援 ~子どもたちの未来のために~(五月祭講演会)」

5月15日(日)に行われた東京大学の五月祭noteそこで東大ハウスを支援する学生団体「マイハウス」の皆さんが患児の生活支援に関する講演会を開催しましたscissorsその様子をメンバーの黒岩さんが纏めてくれたので紹介しますhappy01ぜひご覧くださいeye

1464147754634
『5月15日(日)、東大の学園祭「五月祭」で患児の生活支援に関する講演会を開催致しました。東大病院小児科教授の岡先生、院内学級「東大こだま分教室」の風間ゆかり先生、東大ハウス、ハウスマネージャーの弘中信治さんの3名の方々にご協力いただき、それぞれの立場から講演をしていただきました。

岡先生からは小児医療では病気を治すだけでなく大人になってから自立した社会人になれるよう支援する必要があること、風間先生からは患児一人一人に寄り添って支えることの大切さ、弘中さんからは一般市民でも患児やそのご家族をサポートできることを学びました。貴重なお話を伺うことができ、マイハウスとしても今後の活動の参考になりました。

Cievv4ovaaavumm

1464168935933

1464147788823
また、会場に設置した募金箱には、来場者の皆様のご厚意により7,470円の募金が集まりました。ハウスへのご理解とご協力、誠にありがとうございました。

講演会を踏まえた上で、マイハウスにできる支援方法は何かを話し合いました。支援の方向としては、①ハウスに滞在されているご家族への支援、②ハウスに滞在されているお子さんへの支援、③ハウスの支援の輪を広げるための周知活動 があり、それぞれの対象に合った方法で支援する必要があると思われます。マイハウスはこれまで周知活動をメインに活動してきましたが、ご家族からのご要望があれば、今後は①や②の方向からもサポートさせていただきたいと考えております。マイハウスに何かできることがございましたら、お気軽に下記のアドレスまでご連絡ください!

ドナルド・マクドナルド・ハウス 東大支援 学生団体マイハウス
東大ハウスボランティア 黒岩 由佳
Mail: myhouse0125@gmail.com  』


東大ハウス ハウスマネージャー 弘中

 

2016年5月25日 (水)

「ボランティアで明るさ戻る~高知新聞掲載記事~」

 こうちハウスでお母さんとともにボランティア活動をする高校2年生の岡林昴我(こうが)さんhappy01

実は昴我さんは重い心臓病を抱えていており、ハウスを利用するご家族の一人なんです。今でも年2回、国立循環器病研究センターで検査を受けていて、その際にはおおさか・すいたハウスを利用していますhouse

記事には昴我さんがボランティアをはじめるようになったきっかけ、ボランティアを経験する中で感じたこと、将来の目標などが書かれています。またお母さんから見た昴我さんの変化なども書かれており、とても素敵な内容になっていますmemo

皆さん、ぜひご覧くださいsign01
高知新聞記事.pngをダウンロード

525
ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

「学生ボランティアさん大募集!」

高知情報ビジネス&フード専門学校で行なわれたボランティア説明会に行ってきましたhappy01
オープンハウスには協賛品のご協力、学園祭での収益のご寄付、課外授業でのボランティア体験などいつもハウスをサポートしてくださっている学校ですschool

今回のボランティア説明会は、こうちハウス含め5団体の参加。5分のプレゼンテーションを聞いた学生が自分の興味のある団体の分科会に参加という形式でした。

こうちハウスの説明会を聞きに来てくれたのは30人を超え、そのうち早速3人の方がボランティア活動に来てくれていますscissors学生ボランティアさんが増えていくことを願うスタッフですconfident

Cimg1196

こうちハウスアシスタントマネージャー 宮地

2016年5月24日 (火)

「チームがつなぐたすきから生まれる新たなつながり」

5月21日(土)、ドナルド・マクドナルド・ハウス15周年記念イベント「Charity Relay Run」が味の素スタジアムで開催されましたrun

Photo_14

Photo_35








晴天に恵まれ、1231名の方が親子ランそして3時間リレーに参加してくれましたsun

Photo_17

3h_2








当日は元マラソン選手の有森裕子さん、ランニングプロデューサーの坂本雄次さんがスペシャルサポーターとして駆け付けてくださり、大会を盛り上げてくれましたhappy01

Photo_36
午前は親子ランhappy01参加者の皆さん、とっても楽しそうnote

_img_9733_fin

Photo_21









元気よく走る子ども達にお父さん、お母さんはついていくので精一杯といった家族もチラホラhappy02「まだ走りたーい。」そんな子ども達の声もたくさん聞こえてきましたnotes

完走後はドナルドショーsign01親子ランを走った後でも子ども達は元気rock

2_2

Photo_24









午後は3時間リレーrunふちゅうハウスを利用した経験のある患者家族の佐藤奈津さんに開会宣言をしてもらいましたkaraoke病気と闘う幹汰くんもご家族と一緒にステージに立ちましたgood

Photo_37
リレーの合間には和太鼓演奏、キッズダンス、キッズチアなどのパフォーマンスで大会は盛り上がりましたup

Photo_26

Photo_45

 

 





Photo_44
一生懸命、たすきをつなぐランナーpaper

Photo_40
ランナーを応援する有森さんrock

Photo_41
開会宣言をした佐藤さんは幹汰くんと一緒にチーム全員でフィニッシュmotorsports

Photo_46
一位は28周56kmcrown箱根駅伝でたすきをつないだ青山学院大学OBの高橋さん率いる「ザ・ドリームス」でしたsign01フルマラソンに換算するとなんと2時間14分という驚異的な速さでしたupwardright

Photo_43
またステージ横で行われたチャリティーマルシェは大盛況で大行列がsign01259,226円もの募金をいただき、その半分は熊本地震で被災された方に寄付されました。
 

Photo_33

Photo_34









今回の大会を通じて、多くのつながりが生まれましたhappy01このつながりはハウスを利用するご家族の支援につながりますheart01
参加者の皆さま、サポートいただいた企業の皆さま、ボランティアの皆さま、本当にありがとうございましたsign03


ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

「利用ご家族から利用ご家族へ」

最近、チェックアウトされたご家族より次々とたくさんのご寄付が届けられていますpresent

「キッチンでお料理できること、病院から疲れて帰ってきてもインスタント食品があり手軽に食事できること、バスタブに浸かってゆっくり身体をリフレッシュできることなど、そういった数々の寄付や人の優しさが何よりも嬉しかった。」チェックアウト時にそんなお話をされていたご家族より数時間後、数日後、お米やインスタント食品、入浴剤などが届けられましたpresent

利用したからこそわかること。『利用ご家族から利用ご家族へ』思いやりの輪がつながっていますheart01

2

こうちハウス アシスタントマネージャー 久場

「春のラッフル募金、今年も沢山ありがとう!」

昨年に続き、今年で4回目になる「2016とちぎチャリティラッフル募金」を行いましたscissors「ラッフル」とは欧米でよく行われている慈善くじ引きのことですheart01

4月1日より約1ヶ月間、募金を100円していただくごとに抽選券をお渡ししました。抽選に当たると支援企業から寄付していただいたプレゼントがもらえますpresent
賞品は44の企業と個人からなんと600個もscissors今年も折りたたみ自転車や、TDRペアチケット、各種ギフトカード、アイスクリーム引換券など様々な物が集まりましたhappy01

Photo_12
病院内の職員さんやとちぎハウスのある地元下野市の住民の方、関連企業の職員さんも参加してくださり、更に強力なボランティアさんの口コミもあったことで、募金額はなんと784,100円にsign01昨年より約5万円も多い募金が集まりましたup本当に皆様、ご協力ありがとうございましたhappy01

今年の抽選はパソコンで実施pc

Img_3380_2
皆さん楽しんでラッフル募金に参加してくれましたnote

Img_3391

Img_5474_2
賞品を提供してくださったサポート企業の皆さま、個人の皆さま、募金をしてくださった皆さま、広めてくださった皆さまに感謝の気持ちでいっぱいですheart01本当にありがとうございましたsign01集まった募金は全てとちぎハウスの運営費に充てさせていただきますconfident


とちぎハウス アシスタントマネージャー 後藤

2016年5月19日 (木)

「企業ボランティア、毎年ありがとうございます!」

平成30年度に移転予定のおおさか・すいたハウスhouse
移転支援募金委員会が設立し、連日、新聞やテレビの取材に追われているなか、5月16日(月)に有限会社サクセスフーズ様の企業ボランティア活動がありましたscissors

0220160516
毎年活動してくださるので、お願いしたい作業を言っただけで、「昨年もやったから、わかりますよ~!」とすぐさま活動開始happy01

垣根の剪定や、空き部屋のフィルターや水回りの掃除、それからミールプログラムで利用家族のための夕食も作ってくださいましたsign01

Photo
メニューは、五目かやくごはん、肉じゃが、なすときゅうりの中華風サラダですnote

Miru
利用家族の方からお礼のメッセージが届きましたloveletter
「娘の初めての手術が終わり、ハウスに帰るとたくさんの炊き込みごはん、肉じゃが、煮びたしがありました。これまで不安と付き添いで、自分の食事どころではありませんでしたが、さすがに体が疲れていたし、手術まで気を張りつめていたので、あたたかく、栄養のあるごはんをいただけて、本当にありがたかったです。
家庭の味、とてもほっとする味で心身共に救われました。これからまた頑張ろうと思えました。とてもおいしかったです。ごちそうさまでした。」

ゴールデンウィークに募金活動も行われ、集まった96,666円の募金の贈呈式も行いましたhappy01

Photo_3
ご支援、本当にありがとうございますheart01
これからもよろしくお願いしますsign03


おおさか・すいたハウス ハウスマネージャー 前納

2016年5月18日 (水)

「初のミールプログラムは大好評で大成功!」

今月オープンした神戸ハウスhouseすでにたくさんのご家族が利用しており、ボランティアさんと力をあわせながらハウス運営がんばってますrock

そんな中、有限会社ステイブルの皆さんに神戸ハウス初のミールプログラムを実施していただきましたscissors

Img_0597_2
restaurantメニューrestaurant
clover 新玉ねぎたっぷりハンバーグ
clover 新玉ねぎスープ
clover 新じゃがのポテトサラダ
clover 甘夏ゼリー

Img_0599_2
一流レストラン顔負けのメニューですnote
味も抜群で利用者さんから大好評up

Img_0596
感謝の声が続々と届きましたので一部紹介しますloveletter
「とても美味しい食事ありがとうございました。毎日冷たい弁当やカップ麺など、栄養バランスも悪く、家で食べるような食事が食べられないのでとてもありがたく、嬉しかったです。帰ってきて温かい美味しいご飯が準備してもらってあるなんてなんて幸せ。本当にありがとうございます。」
「ごちそうさまでした。入院にきて手作りのあたたかい夕食がいただけるとは心まで癒されました。新玉ネギの甘みがお世話くださる皆様のあたたかさと一致していました。この病院とはずっと長いつきあいになるはずです。こちらのハウスにもお世話になることでしょう。新しくなって少々心細い思いをしていましたが、すみずみまで行き届いたハウスに感謝の一言です。ありがとうございました。」

有限会社ステイブルの皆さん、ありがとうございましたhappy01
これからも神戸ハウスの応援よろしくお願いしますsign01


神戸ハウス ハウスマネージャー 後藤 

2016年5月17日 (火)

「おおさか・すいたハウス移転支援寄付のお願い」

おおさか・すいたハウスには、国立循環器病研究センター(国循)に入院している患者さんとそのご家族が滞在していますhouse重度の心臓病のお子さんが国内のみならず国外からも治療のために訪れ、数年にわたって入院することも少なくありません。そんな病院に入院する患者さんとご家族にとって、おおさか・すいたハウスは無くてはならない存在で、オープン以来、約10年間で延べ5,000 以上の家族が利用しています。

Photo
老朽化が進んだ国循は3年後を目途にJR東海道線の岸部駅前に移転しますrecycleしかし岸部駅と現在の病院の場所は離れているため「おおさか・すいたハウス」は、患者家族には不便な場所に…bearing

そこで吹田市が中心となりおおさか・すいたハウス移転費用を集めるための募金委員会が発足され、本日キックオフミーティングが開催されましたhappy01

吹田市のホームページではすでに寄付の告知をしていますhappy01
寄付をしていただくとふるさと納税制度が活用できるため個人の場合は2,000 円を超える部分は一定の上限まで所得税・住民税から全額が控除されます。法人の場合は法人税計算上、全額損金に算入できます。寄付申込に関する詳細はこちらに記載されているので、ぜひご覧くださいpc

おおさか・すいたハウスをの移転を実現するためには皆さんの温かいご支援が必要ですheart01ハウスを必要としているお子さんとご家族がこれからも安心して利用できるようにご協力よろしくお願いいたしますconfident


ドナルド・マクドナルド・ハウス財団

最近のトラックバック